食品ロスを減らす

2021年3月24日

冷蔵庫のなか、いっぱいじゃないですか??

 

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のこと。

 

日本のロス量は年間600万トン。

毎日一人お茶碗一杯のご飯(132g)、年間にして約48㎏を廃棄しているということだそうです。

 

これは、ものすごい量ですよね。  廃棄ですから!!!

 

家庭から出る量は、このうち約半分。

 

先日ブログにもかきましたが、消費期限は守らないと事故が起こる可能性がありますが、賞味期限はちがうのです。

消費者の判断によるのです。

 

我が家は、ひとり暮らしなのでほぼ廃棄はありませんが、廃棄があるときは、

*一つのおかずをたくさんつくりすぎたとき。(飽きてしまう)

*安かったからと、たくさん食材を買い過ぎたとき

*来客の時に、たくさん必要以上に作ってしまったとき

*大きな野菜を処理をせず、冷蔵庫に放置してしまったとき

などなど。。

 

時代は、地球温暖化から、脱炭素社会へ変えなければならないと、宣言をしています。

 

二酸化炭素の原因は

①電気使用

②ガソリン

③ガス使用

④灯油使用

⑤ごみ処理

 

どれも、わたしたちにできることばかり。

 

意識を持って、悪い習慣はかえていく。これ以上、地球を汚してはダメなんです。

がんばりましょう!!